2006年02月10日

【大和を作る】艦橋(7)

なかなかすすみません^^;

艦橋本体の脇に以前に作った探信燈を乗せる台を接着。
その下も、銅板で塀を増設してみました。

DSCN0532.jpg

いよいよ15m測距儀あたりを本格的にいじりました。
どうしても支柱が細すぎるので、銅板をまきつけました。
図は裏返し(本当は溝が上ですが、上に載せる主砲射撃指揮所が低くなるので私はひっくり返して使います。)ですが、左右のところに呉大和では格子が着いています。
いまのところ格子の横のみ接着。

そしてあまりにデアゴのがお粗末なので皆さんに習って手作りした前方の渡し。
スケール的に穴は極小なので、パンチング板などは使わず、へこませるだけにしました。
真鍮線ははんだ付けしてます。

DSCN0533.jpg
posted by Sumari at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 大和を作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。